僕がブログを始めた5つの理由

未分類

どうもこんにちは。

Yosukeです。

突然ですが、この度ブログを始めることにしました。

始める理由は5点あります。

1、実体験を持つ
2、脳の整理(アプトプット)
3、自分を知る(知ってもらう)
4、影響力を持つ
5、誰かの役に立つ

(自分が思っていたよりあった笑)

実体験を持つ

マーケティングやコピーライティングに興味があって、
SNSマーケティングの仕事などに携わったりもしてしているのですが・・

”いつも他人さまのお世話ばかり”

だったんです。

聞きようによっては、問題ないことかもしれませんが、
徐々に違和感のようなものを感じては蓋をしていました。

というのも、仕事では

「こうしたらアクセス取れますよ」
「こういう表現の方が心惹かれますよ」

なんて、偉そうなことをいうのですが・・

「やってないお前に何が分かるの?」

という心の声が聞こえていたからです。

そんな心の声にもう耳を塞ぐことをやめようと思ったのです。

恥ずかしい話・・

実際、過去に意気込んでテーマ別でブログ開設やSNSもやったことがあったのですが、

忙しかったり、
途中で興味がなくなったり、
人目を気にして面倒くさなったり、

という理由ですぐ止めちゃうんです!!

(ドヤ笑。)

でも、仕事手伝わせ頂く過程で、クライアントさんが直向きにブログを開設して自己開示をしたりしていく姿を見てきて、そこには「心揺さぶる」ものがあり、

「羨ましい」
「なんで人のことばかりやってるんだろう」

と思うようになりました。

ある意味、自分の公私ともに自分のしょぼさを露呈する形になることもわかっていますが、

多分バレてる

からいいかな?って思っています笑。

脳の整理(アプトプット)

占いの帝王である四柱推命の命式だと・・

「印綬」(考える星)
「偏印」(考える星)

という星があって、

結構、僕考えしーなんです笑。

つまらないこと、「あーじゃのこーじゃの」考えてます。
素がネガティブなんでしょうね笑。

さらに多財という特性もありまして、優柔不断だったりするんです。

(モテなそう笑)

とにかく、常日頃ムダに物事考えていて頭が重い・・。

脳をどこかに葬りたい!

なんて思うこともあったりします笑。

そんなのにもかかわらず、
情報収集ばっかして、メモリーはキャッシュがたまる一方やないかと。

だから、アウトプットの必要性も感じていました。

つまり、排泄です笑。

なんで改善策がブログなの?

って感じですが・・

少なからず過去に投稿してた時って、思考がまとまっていたんですよね。

一緒に仕事させてもらった編集者さんや、ブロガーさんを見ていても、
テキストを通して自分の思考を整理していることから
咄嗟のコメントにもエッジや重みを感じられるのだと思いました。

ヤベー!最初から飛ばすと続かなくなるから
もっとライトな記事にしようと思っていたのに、書くとなると長くなる・・笑。

自分を知る(知ってもらう)

僕は、自分のことを話すのが得意な方ではありません。

「わざわざ時間割いて聞いてもらうのはおこがましい」
「せっかく話したのに、その反応かよ!」
「知りたいことは相手から聞いてくるでしょ」

控えめなのか、単なる承認欲求が高いのか・・笑。

と勝手に思っている一方、

実はよく自分でも自分のことをよく知らないんじゃないかって思っていて、
ブログはそう意味でも自分と向き合うツールとして活用できるんじゃないかって思っています。

多くの成功者の話や姿を見てきて共通点がありました。

それは自分をよく知っているということ。

いいところも
悪いところも

よく知っている。

知っていることが多いから、自分を信じれるんですよね。

自分を信じれる=自信が持てる→成功する

自分を信じれるから自信を持て物事を取りかかれる、
その先に成功があるんじゃないかと思っています。

恥ずかしくも昔は、成功法則があると思っていましが、
そんなものはなくて、成功法則は自分の中にあると今は思っています。

いいこと言ってね?笑

これは最近よく思うことで、
また機会があれば改めて記事にしたいと思っています。

影響力をもつ

結局儲けたいんかい!

と言われれば、そうなのかもしれません笑。

今は、うまく言えないのですが、
生きていく中で仕事をしていく中で、

「世に出るべき人だなー」
「この人が知られれば救われる人がいるだろーな」

と思うことがあります。

だけど、正直今の僕が声をあげても風にかき消されてしまうでしょう笑。

だから、ブログという拡声器を使いこなしてみたいな
と思ったのが正直なところです。

人の役に立つ(訂正)

冒頭の時点で「書く理由」を考えた時には、打ち消しラインはついていませんでした笑。

「人の役に立つ」

聞こえはいいけど、それは「人の目を気にしている」
とも受け取れ自分を縛りたくないと思ったのです。

「目的にしたくない。結果的になればいいけど」

というのが結論です。

だから、適当にやります。

そうじゃないと続かないわい笑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました